【無料視聴】映画「ジュラシックワールド」あらすじと感想!

ハラハラする恐竜映画が観たいんだけどおすすめの映画を教えて。

今回はそんなあなたに「ジュラシックワールド」をご紹介します。

本記事の内容

映画「ジュラシックワールド」のあらすじが分かる

映画「ジュラシックワールド」のここが面白いが分かる

映画「ジュラシックワールド」を観た感想が分かる

この記事を書いた人

映画、ドラマ、アニメ、恐竜大好き人間

アマゾンプライムビデオ2年体験

アマゾンプライムビデオほぼ毎日視聴

こんな私が解説します。かなりネタバレが含まれていますのでご注意ください。

2021年3月時点で無料視聴できますが見放題が終了する可能性もあるのでご了承ください。

目次

映画「ジュラシックワールド」のキャスト

オーウェングレイディ:クリスブラッド

クレアディアリング:ブライスダラスハワード

グレイミッチェル:タイシンプキンス

ザックミッチェル:ニックロビンソン

サイモンマスラニ:イルファーンカーン

映画「ジュラシックワールド」のあらすじ

ジュラシックパーク事件から22年後、インジェン社はマスラニ社に買収され、
新たにジュラシックワールドを作り観光施設として人気だった。

オーウェンは元軍人でラプトルの調教を任されており、
新種の恐竜「インドミナスレックス」を飼育する囲いに問題がないか調査を依頼された。

インドミナスレックスはティラノサウルスの遺伝子をベースにした凶暴な肉食恐竜だった。

そこでラプトルを手懐けているオーウェンに調査を依頼したわけだが、インドミナスレックスの罠?
にはめられ脱走を許してしまう。

映画「ジュラシックワールド」ここが面白い

ブタのせいで命の危機!

ラプトルのエサ?である豚が逃げ出し新入りの男が捕まえようとしますが失敗し檻のなかに落ちます。

ラプトルに襲われる前にオーウェンも中に入り男を先に逃がしますが自分はどうなるのか?
初めのハラハラする場面でした。

インドミナスレックス脱走

外に脱走したと思われたインドミナスレックスでしたがなんと囲いの中に隠れていました。

残念ながら3人のうちオーウェンを除く2人犠牲になってしまいます。

クリスはなぜその場を離れ車に乗ったのか、先に位置確認はできなかったのか、
疑問は残るもののここからジュラシックワールドのスタートとなりました。

インドミナスレックスとラプトル

物語の終盤、オーウェンは反対していたもののラプトルを使ってインドミナスレックスを狩ることに協力します。

しかしながらインドミナスレックスとラプトルが出会うとなにか会話をしているように見える。
そこから逆に人間を襲うようになります。

これはインドミナスレックスがラプトルの遺伝子を持っていたためと考えられますが
これも物語を面白くしてくれた場面です。

オーウェンとラプトルとインドミナスレックス

オーウェンたちはブルーたちに追い込まれた時にインドミナスレックスが現れます。

ブルーはオーウェンに触れられると、思い出したかのように今度はインドミナスレックスに襲いかかるのです。

長年の人間と恐竜の信頼関係が優ったシーンでした。

インドミナスレックス対ティラノサウルス

クレアはパドックにいるある恐竜とインドミナスを闘わせようと扉を開けさせます。

そこには20年前から生存しているティラノサウルス(レクシィ)がいました。

インドミナスとレクシィ互いの咆哮!ここが一番の見どころになります。
同じ遺伝子を持つもの同士、果たしてどちらが強いのか、目が離せません。

映画「ジュラシックワールド」のあらすじと感想!まとめ

見どころがたくさんある映画でした。

恐竜でありながら高い知能を持ち合わせるインドミナスレックス。
脱走した経緯はちょっと間抜けな感じでしたがそのおかげで迫力あるシーンをたくさん見ることができました。

インドミナスとレクシィ、いったいどっちが強いんだ?と映画を観た人は誰もがワクワクしたことでしょう。


闘いはインドミナスが有利に進めていましたが、もう一歩でレクシィを倒せたところでなんと!

予想もしない大物の出現で終焉となりました。

ブルーはなにか言いたそうに去っていきましたが私が代弁すると「オレは違う道を行くぜ」って感じでしょうか。

この映画を観て思ったこと、それは恐竜たちはただ生きようとしているだけで悪いのは作り出した人間。

現実には恐竜はいませんがさまざまな動物がいます。これからは人間だけが存在しているかのような生き方をするのはやめましょう。

アマゾンプライムビデオを30日間無料体験してみる

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

動画大好きのドガすけです。好きなアニメ、映画、ドラマなどについて発信していきます。楽しんでいきましょう!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる